その他の重度障害state04

その他の重度障害について

脊髄損傷や高次脳機能障害、遷延性意識障害などの重度障害以外にも、交通事故によって身体に重い障害や後遺症が残ってしまうものがあります。そういった障害についても専門知識のある弁護士に相談していただくことで等級認定されるかどうかが変わることがあります。交通事故に遭われた後で以下のような症状がある場合はお気軽にご相談ください。

その他の重度障害の症状一覧

  • 重度の難聴
  • 重度の視力低下
  • 外貌醜状痕(お顔の、5cm以上の線条痕または十円玉以上の傷跡)
  • 手足の指の切断
  • 臓器機能の障害(内臓破裂等)
  • 偽関節、癒合不全 等
  • 10歯以上の歯科補綴(しかほてつ)

事案紹介

サポートについて

事故による多様な障害を抱えての生活は、非常に困難なものです。障害によっては、保険会社から損害を否定されることもあり、専門的な理解と経験が必要となります。事故に精通した弁護士によるサポートが必須となります。

こんなことでお手伝いできます

  • 適切な等級認定支援
  • 障害に応じた支援体制紹介
  • 複雑な賠償交渉
  • 障害者手帳、障害年金等の行政手続き紹介

相談料・着手料無料

まずはお気軽にお問い合わせください

電話受付時間外土・日・祝日は、メールによるお問い合わせ・相談予約を承ります。

申し訳ありませんが、お電話による法律相談はお受けしておりません。皆様の置かれている状況を正確に把握するため、ご相談は面談のみとさせていただいております。何卒ご了承くださいませ。

川西、宝塚、伊丹で交通事故にお悩みなら弁護士にご相談を|H&パートナーズ法律事務所