遷延性意識障害state03

遷延性意識障害とは

遷延性意識障害(せんえんせいいしきしょうがい)とは、重度の昏睡状態を指す症状でいわゆる植物状態のことをいいます。遷延性意識障害の症状としては以下のような症状があげられます。

遷延性意識障害の主な症状

  • 自力移動ができない
  • 自力摂食ができない
  • 便・尿の失禁がある
  • 声を出しても意味のある発語が全くできない状態にある
  • 簡単な言葉には応じることも出来るが、ほとんど意思疎通は不可能である
  • 眼球は動いていても認識することは出来ない

事案紹介

サポートについて

遷延性意識障害の場合、今後の就労就学は極めて困難であり、ご家族への精神的かつ経済的な負担も甚大です。社会保障も、損害賠償の項目も複雑多岐にわたります。ご家族による賠償交渉は極めて困難ですので、事故に精通した弁護士によるサポートが必須となります。

こんなことでお手伝いできます

  • 適切な等級認定の支援
  • 適切な賠償金の交渉、獲得
  • 障害者手帳、障害年金等の行政手続案内
  • 成年後見制度の利用
  • 自宅改装費用請求、業者の紹介

相談料・着手料無料

まずはお気軽にお問い合わせください

電話受付時間外土・日・祝日は、メールによるお問い合わせ・相談予約を承ります。

申し訳ありませんが、お電話による法律相談はお受けしておりません。皆様の置かれている状況を正確に把握するため、ご相談は面談のみとさせていただいております。何卒ご了承くださいませ。

川西、宝塚、伊丹で交通事故にお悩みなら弁護士にご相談を|H&パートナーズ法律事務所